隠れ家(仮)

足らぬ足らぬは工夫が足らぬ

鴨川

三条河原と六条河原は古代から江戸時代にかけて有名な処刑場であったが、本日の鴨川の氾濫ぶりからするとやはり処刑した死体を速やかに押し流すという効果もあったのだろうなとも思える。

 

罪人の死体を放置するだけでなく、日常的な死体の捨て場だったりしたという話もあります。毎年たいてい大雨があるわけですから、放置された死体はどこかに流されて氾濫後にはまた綺麗さっぱりとした河原となるわけです。

 

江戸の小塚原や鈴ヶ森みたいに死骸が累積して溜まらないわけです。インドでは今でも死体を川に流すらしいですが。