隠れ家(仮)

足らぬ足らぬは工夫が足らぬ

突撃一番

大日本帝国陸軍では『突撃一番』という避妊具を兵士に配布していました。また、従軍慰安婦を管理して兵士の性病蔓延を防止すると共に、その性的不満を解消すべく努めました。

 

さて、「日本軍兵士」に限らず「敵と闘う男」はやはり夜の方でも闘うらしいですが、話題はやはりしばき隊や男組です。先日亡くなった添田氏のことです。

 

 

被害に遭った方々の被害自体に難癖をつけるわけではありませんが、在特会に対して誰もが忌避するような暴力襲撃で逮捕数回を繰り返した添田氏の置かれた状況はまさに「前線兵士」の興奮体験に近かったと言えるでしょう。そんな全身「突撃一番」状態と化した暗黒ビースト・添田氏と閉ざされた空間で女の人が二人きりになる、なんと危険なことか。レイプされて挿入や発射をされなかった点が不幸中の幸いでした。

 

で、こういう性的被害を避けるためにも従軍慰安婦みたいなものは「必要悪」ではないか、そんなことを考える今日の朝です。(そもそも逮捕されてまでするような運動でもないでしょうけど)