瞑想の部屋

退勢翼賛会

レイシズム

レイシズム」だけいけないとする左派が少なからずいるようだが、「カネに汚ない」「狂暴である」「ウソをつく」等といくつかある不道徳さの一つでしかない。

 

差別にしても、民族だけでなく、貧富、体型、顔、身体能力、都道府県、職業などといろいろある。

 

振り返るならしばき隊(反ヘイト)が極悪非道扱いされた理由は「レイシズム」だけ極大に原理化して忌避しつつ、その他はやり放題の素行が悪い人達だったからではないか。

 

 

 

 

ハンドレッド

 

政界ではタマを増やした方が勝ちなのである。二階という人物、むしろかなり有能なのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

政治にみるヤンキー性

桜井誠」と「山本太郎」のサポーターにはやはり「ヤンキー」が多いという共通性がある。「ヤンキー」である以上、両方推する人がよくいたりするのもむべなるかな、であるし、驚きもなかった。(おまえら、イオンモールとか大好きだろ)

 

よく考えると安倍さんも「字をよく間違える」「知的空気が微塵も感じられない」など、生まれがいいだけでただのヤンキー気質であった。維新もしかり。しばき隊しかり。反ヘイトしかり。こういう流れは勢いがいいけど、それだけだからどこかでウツケン的な「立ち止まり考える」真面目なインテリが必要なのである(苦笑)

竹●

 

その中の人は以前野間ちゃんとつるんでいたし右翼ってことは無いだろうけど、頭の方がちょっと足らないことは確かだね。野間ちゃんと似ていて「ヘサヨ」が嫌い思想なのかね。

 

実名とか過去にどんな悲惨なことがあったかとか、可哀想だから書けないけど。

 

 

 

 

アレ

昨今「女(その他マイノリティ要素)だからってバカにするな」みたいなところに逃げる人が少なからずいるけど、それ以前に自分の行動振る舞いが人間未満の鬼畜に堕落していないか絶えず自己確認する作業が必要であろう。

 

ちなみに「ネットの暴言を取り締まろう」という人達がいるけど、この件には無反応ですね(一般人はちゃんとチェックしているぞ!)。マスコミ発の暴言ならいいってか。

 

宇都宮健児候補

しばき隊(アンティファ)要素の無いノーマルな選挙活動は安心して見られるね。サウンドデモとかみたいにシャカシャカうるさい音楽系が出てこない。昭和以来の懐かしい伝統回帰。選挙はやはりこうでないと。

 

社民党でいえば、前の選挙における大椿裕子候補の活動がそうやった。わけわからん音楽でがやがやと落ちつかなかった。おなじ場所に居合わせた鈴木宗男先生の方に行っちゃいましたぜ。おっさんおばさん世代以上はやはり眉をひそめる、不真面目さを感じる。

 

音楽やりたきゃ他所でやれよ、と。

 

 

 

アンティファの悪いクセ

 

こういう話に対してもアンティファは香山リカみたいにいきなり「ナチス優生学!」と大きく飛躍するからバカにされる。自民党ナチスでもナチス風でもないんだが、話をふくらまして目立ちたがるのはやめてほしい。例えばCDB氏のように違いを分別して、自民党に特有な事例を挙げて批判すればよい。

 

私見ながら自民党の適者生存云々はリバタリアニズム的ではあるが、スペンサー、アダム・スミスも関係ない。ダーウィンは知らんが。要は「憲法改正したい」というだけで進化論を俗流に齧って軽く後付けしただけだろう。